MENU

2021年のお正月はYahoo!ショッピング、PayPayモールで「初買い応援!新春Wキャンペーン」

Yahoo!ショッピング、PayPayモールでは元旦からキャンペーンが開催されるのが恒例となっています。2021年(令和3年)の初買いをお得にできるチャンスですのでぜひお見逃しなく!

お正月のYahoo!ショッピング、PayPayモールキャンペーンは?

■初買い応援! 新春Wキャンペーン
https://topics.shopping.yahoo.co.jp/campaign/bonusup/

目次

2021年「初買い応援! 新春Wキャンペーン」概要

新年2021年のお正月に開催される「初買い応援! 新春Wキャンペーン」は1月1日(金)0:00から1月2日(土)23:59まで開催されます。

初買い応援! 新春Wキャンペーン

キャンペーン内容は以下のとおりです。

  • PayPayボーナスライト+4%
  • 15000円以上で使える500円オフクーポン

PayPayボーナスライト+4%

1月1日から1月2日までキャンペーンにエントリーして、Yahoo!ショッピング、PayPayモール、LOHACO by ASKUL(外部)でお買い物をすると、+4%のPayPayボーナスライトが付与されます。

付与上限は5000円相当までとなりますので、およそ12万5000円の注文で上限いっぱいとなる計算です。(125,000円×4%=5,000円相当)付与日は注文日翌週より3週間経過後の木曜日となりますので、1月28日(木)となります。

15000円以上で使える、お年玉500円オフクーポン

お年玉500円オフクーポンは、Yahoo!ショッピング、PayPayモールで15000円以上のお買い物をすると使えます。※LOHACO by ASKUL(外部)では使えませんのでご注意ください。

クーポンは先着順となり、40000注文で締め切りとなります。たとえ配布期間中にクーポンを獲得していても、上限枚数に達し次第クーポンは使えなくなりますのでご注意ください。

【誰でも】お年玉500円OFFクーポン
【誰でも】お年玉500円OFFクーポン

5のつく日、日曜日と比較してどっちがお得?

新春Wキャンペーンと、5のつく日、日曜日と比べてどっちで買った方がお得か?ですが、以下例で示す通り、15000円未満なら日曜日特典の方が(付与率が高いので)有利になります。5のつく日とは還元率が変わらないのでどっちで買っても一緒です。

一方、15000円を超える注文ならお年玉クーポンが使えることから、5のつく日や日曜日よりも新春キャンペーンで買った方がお得になります(※)

※ただし、5のつく日や日曜日にクーポンが使える条件であれば、そちらの方が有利になる場合があります。直近の例では日曜日にもクーポンが配布されていますので、日曜日まで待ってみるのもアリです。

■10000円の注文をした場合の比較

  • 新春キャンペーン:PayPayボーナスライト+4%(400円)で400円分のお得
  • 5のつく日キャンペーン:PayPayボーナスライト+4%で400円分のお得
  • 日曜日特典(ソフトバンク):PayPayボーナスライト+10%で1000円分のお得※付与上限到達
  • 日曜日特典(ソフトバンク「以外」):PayPayボーナスライト+5%で500円分のお得

■15000円の注文をした場合の比較

  • 新春キャンペーン:PayPayボーナスライト+4%(600円)と500円オフクーポンの合計1100円分のお得
  • 5のつく日キャンペーン:PayPayボーナスライト+4%で600円分のお得
  • 日曜日特典(ソフトバンク):PayPayボーナスライト+10%で1000円分のお得※付与上限到達
  • 日曜日特典(ソフトバンク「以外」):PayPayボーナスライト+5%で750円分のお得

■25000円の注文をした場合の比較

  • 新春キャンペーン:PayPayボーナスライト+4%(1000円)と500円オフクーポンの合計1500円分のお得
  • 5のつく日キャンペーン:PayPayボーナスライト+4%で1000円分のお得
  • 日曜日特典(ソフトバンク):PayPayボーナスライト+10%で1000円分のお得※付与上限到達
  • 日曜日特典(ソフトバンク「以外」):PayPayボーナスライト+5%で1000円分のお得※付与上限到達

2021年の初買い応援! 新春Wキャンペーン
■初買い応援! 新春Wキャンペーン
https://topics.shopping.yahoo.co.jp/campaign/bonusup/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次