Yahoo!ショッピング5のつく日はPayPay残高またはヤフーカード決済で5%戻ってくる

Yahoo!ショッピングの5のつく日キャンペーンが2019年9月5日の開催分より参加条件が変更になりましたので、新しいルールや注意点も含めて、あらためて5のつく日をご紹介したいと思います。

新しいルールになったYahoo!ショッピングの5のつく日キャンペーン
https://topics.shopping.yahoo.co.jp/campaign/points/pointx5/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

新しくなった「5のつく日」の参加条件とは

以前はYahoo!ショッピングアプリからの注文で最大5倍のポイント付与が得られた5のつく日ですが、2019年9月5日の開催分より、PayPayアカウントと連携済みのYahoo! JAPAN IDでログイン・エントリーのうえ、「PayPay残高払い」または「ヤフーカード」の利用額に対して4%付与(ストアによる通常ポイント1%分と合わせると5%相当)されるルールになります。

5のつく日は「PayPay残高払い」または「ヤフーカード」の利用額が対象

従来と比較すると、決済方法が限定されることも注目点なのですが、それらの決済方法の「利用額に対してのみ」という点も忘れてはいけません。

上図の例にもあるように、100円のお買い物でその内600円分を「PayPay残高払い」または「ヤフーカード」で支払い、残りをそれ以外の方法で支払った場合、最初の600円に対してのみ5のつく日キャンペーンのボーナス対象となります。

また、従来ではモールクーポンを使用した場合、クーポン値引き前の金額がポイント付与の対象でしたが、今回からは「値引き後」の金額が対象になります。(つまりクーポン利用分はキャンペーンの対象となりません。)

例:1000円のお買い物をした場合

  • うち600円 …「PayPay残高払い」または「ヤフーカード」で支払う →対象
  • うち200円 …Tポイントやそれ以外の支払い方法で支払う →対象外
  • うち200円 …クーポン値引き →対象外

この例だと600円×4%=24円相当のPayPayボーナスライトと1%分のTポイント(1000円×1%=10円相当)の合計34円相当の還元を受ける計算となります。

すなわち、5のつく日キャンペーンのボーナスを最大限受けるには、「PayPay残高払い」または「ヤフーカード」で決済金額の100%を支払うことがもっとも還元率を高めることになります。

5%付与の内訳について

従来の「5のつく日」は通常ポイント1%と期間固定ポイント4%(最大)で合計5%のTポイントを獲得できましたが、新しい「5のつく日」は通常ポイント1%のTポイントと、PayPayボーナスライト4%という内訳に変更されています。

<従来>

  • 1% …通常ポイント(Tポイント)
  • 4% …期間固定ポイント(Tポイント)

<これから>

  • 1% …通常ポイント(Tポイント)
  • 4% …PayPayボーナスライト

付与されるポイントの種類が、TポイントとPayPayボーナスライトの2種類になったことでユーザーからすると少々分かりにくくなったかもしれませんね。

PayPayボーナスライトの有効期限は60日間

これは「5のつく日」に限った話ではないですが、ボーナスポイントの付与が期間固定TポイントからPayPayボーナスライトに変更されたことで、有効期限が2倍の60日間になったのはメリットと言えるでしょう。

<有効期限の比較>

  • 期間固定Tポイント …30日間
  • PayPayボーナスライト …60日間

PayPayボーナスライトの有効期限は60日間ある

身近な街のお店でもPayPayボーナスライトが使える

従来の期間固定TポイントはYahoo!ショッピングなど一部のサービスでの利用に限定されていましたが、PayPayボーナスライトでの付与に変更されたことで、スーパーや飲食店など身近な街のお店でも使えるようになりました。

5のつく日でルールが変わり、ボーナスポイントの利用場所が増えた
↑ボーナスポイントの付与がPayPayになったことで使える場所が一気に増えた

Yahoo!ショッピングで特に買いたいものがなくて失効していた期間固定Tポイントも、PayPayボーナスライトになったことで、ボーナスポイントをムダなく使い切る(※)ことが容易になりましたので、このメリットは大きいでしょう。

※PayPayはポイントの種類として「PayPayマネーライト」「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」がありますが、一番有効期限が短い「PayPayボーナスライト」が優先して消化される仕組みになっていますので、決済でPayPayを利用する際は意識することなく、「PayPayボーナスライト」が使われるのでとても便利です。

Yahoo!ショッピングアプリを使う必要が無くなった

従来ではYahoo!ショッピングアプリを利用することで最大5倍(+4倍)のポイントを獲得できましたが、その条件が無くなりましたので、パソコンやスマホブラウザ経由でも5%の付与が受けられるようになりました。

私の場合、ネット通販で決済する場合はパソコンの方が慣れているため、わざわざアプリを利用する必要がなくなったのでメリットとして感じています。

5のつく日のメリット・デメリットまとめ

以上をまとめると新しい5のつく日のメリット・デメリットは以下のようになります。

<メリット>

  • ボーナスポイントの有効期限が2倍の60日間になった
  • 実店舗でもボーナスポイントが使えるようになった
  • Yahoo!ショッピングアプリを使う必要が無くなった

<デメリット>

  • 決済方法が限定されるようになった
  • クーポン値引き分がボーナスポイントの対象外になった
  • PayPayアカウントと連携しなければならない

Yahoo!ショッピングの5のつく日
■Yahoo!ショッピング「5のつく日」
https://topics.shopping.yahoo.co.jp/campaign/points/pointx5/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告