Yahoo!ショッピングで注文をキャンセルする方法とは?

Yahoo!ショッピングで注文をキャンセルしたい場合にはどうすれば良いでしょうか?いくつかの状況によりその方法は異なりますが、ごく一般的なキャンセルの方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

注文のキャンセルをストアに伝える手段とは?

注文をキャンセルしたい場合は、注文したストアに直接電話、もしくはメールや問い合わせフォームからキャンセルしたい旨を伝えましょう。私がおすすめしたいのは電話でキャンセルを伝える方法です。

  • 電話
  • メール
  • 問い合わせフォーム

電話で注文をキャンセルする

直接ストアに電話を掛けて注文のキャンセルをお願いする方法が一番おすすめ(確実)です。その理由は「確実にストアに伝わる」、そして「一番早くストアに伝わる」からです。

ストアの電話番号はどこに載っている?などと迷うことはありません。注文したら自動で送られてくる注文確認メールに電話番号が記載されていることがほとんどですし、万一載ってない場合は、ストアの会社概要ページを確認してみましょう。

Yahoo!ショッピングのストアの会社概要ページのURLは以下のとおりです。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/●●●/info.html

●●●にはストアアカウントが入ります。このストアアカウントは、あなたが注文したストアの商品ページを見てみれば確認できます。「store.shopping.yahoo.co.jp/」の後のアルファベットまた数字で構成されたものがストアアカウントです。

たとえば、Joshin webの会社概要ページは以下のとおりです。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/joshin/info.html

このストアのアカウントは「joshin」になりますね。

会社概要ページに電話番号が記載されているのでキャンセルの電話をかける

↑ Yahoo!ショッピングの出店ストアの会社概要ページは必ず上記のような形式で電話番号が記載されていますので、こちらからストアにキャンセルの旨を伝えることができます。

メールで注文をキャンセルする

あまりオススメできないのはメールで注文キャンセルを伝える方法です。理由は「確実にストアに伝わるとは限らない」ことと、「すぐにストアが確認するとは限らない」からです。特に前者が問題になります。

メールって、仕事で、特にYahoo!ショッピングでいろんなお客さん相手にやっていればよく経験するのですが、結構届かないことが多いです。「えっ?!」と思うかもしれませんが、ある調査によればメールの4通に1通が届ていないのだとか・・・!

「送ったメールは必ず届く」こんな誤解をされている方はいらっしゃいませんか?少し前のレポートになりますが、ニューヨークのEメールサービスプロバイダReturn Path社の調査によれば、驚くべきことに4通に1通ものメールが送り先に届けられることなく、茫漠たるインターネット空間に飲み込まれてしまっているそうです。

出典元:「送ったはずのメールが届かない?!困ったときに役立つ5つの対処法」(https://mailmarketinglab.jp/how-to-deal-with-unreachable-email/)

つまり、メールで「注文のキャンセルをお願いします」と送っても(たとえメーラーの「送信済み」ボックスに入っていたとしても)、ストアにそのメールが届いていないことって意外と多いんです。

この場合、お客さんはキャンセルを伝えたつもりでいる、ストアは(メールが届ていないので)商品をお客さんのもとへ発送する。すると、お客さんのもとに商品が届いた時に「え?キャンセルしたよ!」とストアにクレームを入れるのですが、ストアからすると「聞いていません」となるわけです。こうなると厄介ですね。

こういったトラブルの火種になるので、メールで注文をキャンセルを伝えるというのはおすすめできません。

どうしてもメールでキャンセルしたい場合は、必ずメールを送った後に、ストアから「キャンセル承りました」というメールが来ているかどうかまで確認しましょう。返信が来ない場合はストアにキャンセルの意思が伝わっていない可能性があります。

問い合わせフォームから注文キャンセルを伝える

メールよりはまだマシなのはストアの問い合わせフォームから注文キャンセルを伝える方法です。マシな理由は、フォームの方がストアがほぼ確実に確認できるからです。ただしフォームと言ってもストアが確認するのは結局メール(メーラー)になるので、電話と比べると、すぐに確認してもらえるとは限りません。

Yahoo!ショッピングのストアへの問い合わせフォームは、以下のURLとなります。

https://inform.shopping.yahoo.co.jp/●●●/contact.html

●●●にはストアアカウントが入ります。先の会社概要ページのURL例と同じ考え方です。

ストアの問い合わせフォームからキャンセルを伝える

メールも問い合わせフォームも電話より劣るのは、「スピード」です。なぜスピードが問題になるかと言うと、昨今、EC業界では配送スピードも顧客満足度を上げる重要な指標になっていますが、特に1~2日で出荷手配をするストアで注文する場合、キャンセル依頼のタイミングが「商品出荷後」となってしまい送料・手数料の負担を客側負担となる恐れがあるからです。

これは一つの例ですが、ある日の正午に注文をする → 同日の15時頃にフォーム(またはメール)でキャンセルの旨を伝える → ストアが15時に当日出荷を締め切って出荷手配 となった場合、メールやフォームからだと、カスタマー担当に伝わるまでタイムラグがあり、担当者がキャンセル依頼に気づいたのは商品を出荷した後になってしまった!ということも起こり得るわけです。

ストアの規模によりますが、担当者も1分1秒メーラーと睨めっこしているわけではないので、電話と比べるとどうしてもリアルタイム性で劣ってしまうわけです。

以上、Yahoo!ショッピングで注文をキャンセルする方法を電話、メール、問い合わせフォームと見てきました。

電話が一番確実で早いのでおすすめですが、Yahoo!ショッピングのストアの中には、電話をかけても一向に繋がらないストアや「問い合わせの際は、電話ではなくメールでお願いします」と書かれていたりする場合があります。

メールやフォームからキャンセルをお願いする場合は、先にも述べたとおり必ずストアからの了承の返信メールを確認するようにしましょう。返信が無い場合は(電話をかけても通じないなら)取り得る手段でキャンセルの旨を伝えるようにしましょう。

PS.

なおYahoo!ショッピングをほとんど利用したことが無い方の中には、Yahoo!ショッピングと出店ストアの関係をよく理解していない人がいます。Yahoo!ショッピング自体はお買い物の「場」を提供しているだけであり、実際に商品を販売しているのは、その場に出店している一つ一つの「ストア」になります。身近にあるショッピングモールを思い浮かべると良いです。

ですから、注文のキャンセルを伝える場合、Yahoo!ショッピングの本体に直接言っても仕方ありません。上記で説明したとおり必ず注文した「ストア」の連絡先を確認してキャンセルを伝えるようにしましょう。※ただしストアに連絡しても埒が明かない、返信が無い場合などは、Yahoo!ショッピングに直接連絡するようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告