PR

Yahoo!ショッピングの毎月1日は「ファーストデイ」、月初のお買い物がPayPayポイント+3%、付与上限2000円

Yahoo!ショッピングの月初イベント「ファーストデイ」についてご紹介します。ファーストデイは毎月1日に開催され、PayPayポイント+3%、付与上限2000円まで獲得が可能です。2月1日に初開催され、次回は3月1日(金)に開催予定です。

月初のお買い物はYahoo!ショッピングで!毎月1日がお得な「ファーストデイ」とは?

■毎月1日(月初)がお得な「ファーストデイ」
https://shopping.yahoo.co.jp/promotion/campaign/firstday/

毎月1日(月初)がお得な「ファーストデイ」とは?

Yahoo!ショッピングのファーストデイは3月1日(金)に開催され、1注文あたり3000円以上の決済で対象となります。

キャンペーンの参加にはエントリーが必須となり、注文後のエントリーであっても3月1日(金)の23時59分までに済ませればポイント付与の対象となります。決済方法は問いませんのでPayPay決済のほか、クレジットカード決済、コンビニ決済、代金引換、銀行振込などすべてが対象となります。

ファーストデイの特典内容はPayPayポイント+3%、付与上限2000円までです。付与上限到達の目安は、およそ73333円(税抜66667円)となります。特典付与日は注文日翌週より3週間経過後の木曜日となりますので、3月28日(木)付与の予定です。

ファーストデイと5のつく日はどっちがお得?

Yahoo!ショッピングの5のつく日キャンペーン

ファーストデイと5のつく日はどっちがお得か?を解説します。両キャンペーンの概要は以下のとおりです。

< ファーストデイ >

  • 開催日:毎月1日
  • 付与率:3%
  • 付与ポイント:PayPayポイント
  • 付与上限:2000円
  • 決済方法:不問
  • 注文下限金額:3000円

< 5のつく日キャンペーン >

  • 開催日:毎月5日、15日、25日
  • 付与率:4%
  • 付与ポイント:ヤフーショッピング商品券
  • 付与上限:1000円
  • 決済方法:PayPay決済限定
  • 注文下限金額:なし

両者を比較して有利と言える点は赤字で表示してみました。

付与率では5のつく日がお得ですが、付与上限ではファーストデイがお得です。比較すると、36667円(税抜33334円)が基準金額となり、この金額未満なら5のつく日の方がお得、この金額以上ならファーストデイの方がお得となります。

  • 36667円(税抜33334円)未満の注文 → 5のつく日の方がお得
  • 36667円(税抜33334円)以上の注文 → ファーストデイの方がお得

付与率、付与上限以外では、有効期限が無く、実店舗でも使えるPayPayポイント付与のファーストデイの方が有利と言えますし、一方で注文金額を問わない5のつく日の方が金額を気にしなくてよいメリットがあります。ご自身のお買い物内容に合わせて、ファーストデイ、5のつく日を使い分けてみてください。

ファーストデイはなぜ始まった?楽天市場を意識か

Yahoo!ショッピングでファーストデイがなぜ始まったのか?を考えます。

従来よりYahoo!ショッピングでは月初イベントが無く、一方、競合の楽天市場では月初イベント「ワンダフルデー」が定番となっています。恐らくは、このワンダフルデーの対抗馬として打ち出したキャンペーンがファーストデイと言えそうです。

EC業界では「月初は流通(売上)が上がる」という傾向があり、その理由はクレジットカードやキャリア決済などの上限枠が、月が変わるタイミングで「空く」からだそうです。この「売れやすい」タイミングにECモールとしては楽天市場と対抗することで、少しでも月初の流通を上げようという狙いでしょう。

ファーストデイの付与率も3%・付与上限2000円という内容からして、楽天市場のワンダフルデーは付与率2%・付与上限1000円ですから、より魅力的な内容に映るように楽天に「ぶつけてきた」印象があります。

ただし、Yahoo!ショッピングは楽天市場のポイントキャンペーン動向と比較すると、コロコロと内容を変えすぎな印象があるので、ファーストデイが半年や1年足らずで終了ということも大いにありそうで、その点が不安な点として残ります。

以上、Yahoo!ショッピングの月初キャンペーン「ファーストデイ」の解説でした!

毎月1日(月初)がお得な「ファーストデイ」
■毎月1日(月初)がお得な「ファーストデイ」
https://shopping.yahoo.co.jp/promotion/campaign/firstday/

コメント

タイトルとURLをコピーしました