Yahoo!ショッピングで電話注文するのはアリ?ナシ?

長年、ネットショップを運営していると分かるのですが、割合にするとほんのわずかですが、ネットショップから簡単に注文できるにも関わらず、直接電話を下さって注文いただくケースがあります。いわゆる「電話注文」というやつですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ストアがOKなら電話注文は問題なし

今回、Yahoo!ショッピングにおいて電話注文するのはアリか?ナシか?というテーマですが、そのストアの電話番号を探して直接電話を掛けて注文するのはもちろんアリです。

実際に私が運営するヤフーストア店を見て電話注文を頂くケースもよくあります。

お客様:「あのー電話で注文できますか?」

スタッフ:「ありがとうございます。どちらの店舗をご覧頂いていますでしょうか?楽天、ヤフー、Amazon等複数ございますが。」

お客様:「ヤフーのお店を見ています。」

スタッフ:「ヤフーストア店ですね、ありございます。…(電話注文の案内がはじまる)」

以上のようなイメージで電話注文をいただきますね。

ネット注文ではなく直接電話注文をしたい顧客心理とは?

あくまで私の経験からの予想なのですが、直接電話注文されるお客様の心理とは、「カートに入れて、決済画面に進んで、名前入力して、住所入力して、電話番号を・・・」という操作が煩わしいのだとお思います。

大抵はこの理由だと思いますが、それ以外にも「Yahoo!ショッピング(ネット通販)の利用に慣れていなくて、ちゃんと自分で注文を完了できるか不安」とか「ネットに個人情報を入力すると、漏洩などのリスクがあるのではないか?という不安」といったことをお考えになる場合もありそうです。

電話注文をスムーズに行う方法

注文者側が電話注文を依頼する際に、あらかじめ準備しておくと良い情報は以下のようなものがあります。

  • 商品コード(商品番号)
  • 支払い方法
  • 送付先(名前、郵便番号、住所、電話番号)
  • 希望納期

商品コードとは、Yahoo!ショッピングではどの商品にも必ず存在する商品番号のことです。以下の場所に必ず記載があります。

< パソコン版 >
パソコン版
↑ パソコンでは「この商品についての問い合わせ」の下にあります。

< スマホブラウザ版 >
スマホブラウザ版
↑ スマホブラウザではちょっと分かりくいですが、商品情報の右下、もしくはレビュー投稿ボタンの右上にあります。

< スマホアプリ版 >
スマホアプリ版
↑ スマホアプリでは「商品説明をもっと見る」の上にあります。

< URLアドレス >
URLアドレス
↑ URLアドレスの最後尾のスラッシュの後(.htmlは除く)が商品コードになっています。個人的にはこれが便利。

ストアが電話注文を受け付けていない場合も

ただし、注意したいのはYahoo!ショッピングの出店ストアすべてが電話注文を受け付けているわけではない点を覚えておかなければなりません。

たとえば、ファッションジャンルで有名なsoulberryでは、よくある質問に次のよう記載されています。

Q.メール、電話での注文はできますか?

A.メール、電話でのご注文は承っておりません。
申し訳ございませんが、Yahoo!ショッピングの注文フォーム(パソコン・モバイル・スマートフォン)からとなっております。

出典:soulberry「よくある質問」https://shopping.geocities.jp/soulberry/guide_new/q_a.html

このように書かれている店舗は多くは無いですが、私の印象としては売上の大きいストアではチラホラ見かけます。

おそらく、電話注文は注文受付から出荷手配までの手間が大きい(オペレーターの手間、通常のフローで処理できない、ミスが発生しやすい…他)ことや、後々、データとして社内に残しにくい(管理が別に必要になる)などの理由から受け付けない方針なのではと推測します。

ストア側が電話注文をアピールするには注意が必要

注文者側が電話番号を探して注文依頼する分には大丈夫でしょう。

一方で、ストアを運営する側は注意が必要です。Yahoo!ショッピングの約款やガイドラインを参照すると、電話注文を禁止する直接の記載は無いようです。

しかし、ショッピングモールという特性を考えた時、モールは出店者から手数料を徴収して成り立っている(実際には広告費の割合が大きいとは思いますが)ので、Yahoo!ショッピングの注文フォームを介さず、直接電話から注文を受け付けるという行為は、本来の姿ではありません。

私の考えとしては、約款やガイドラインに記載が無いとはいえ、「電話注文も承っております!」などの大っぴらなアピールは控えたほうが賢明だと思います。そのようなアピールは独自ドメイン等の自社サイトで行うなら構わないでしょう。

以上、Yahoo!ショッピングでの電話注文に関する解説でした!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告