Yahoo!ショッピングで領収書を発行してもらう方法

Yahoo!ショッピングでお買い物をした場合の領収書を発行してもらう方法について解説していきたいと思います。

まず、抑えておくべき点ですが、領収書の発行はYahoo!ショッピングの各出店ストアによって対応が異なるということです。この点を踏まえて、ストアで注文する前にしっかりと発行の可否を確認することが大切になります。

領収書発行でよくあるのは、領収書発行用のURLが記載されたメールが送られてくるパターン、または、商品に同梱されている納品書が領収書を兼ねているパターンです。

その他は、領収書を希望すると商品と同封して印刷、または手書きの領収書を発行してもらうパターンなどがあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

最も多いのはURLから領収書を発行するパターン

あくまで私の実感としてですが、商品購入後に領収書発行用のURLをメールで送ってもらって、そこから自分で領収書をダウンロード、または印刷するパターンがYahoo!ショッピングでは最もポピュラーだと思います。

Yahoo!ショッピングイークローバーの領収書発行
↑こちらは「家電と住設のイークローバー」の領収書発行についての記載

※こちらは電子領収書といって法律でちゃんと認められた方式になっております。領収書の発行は販売者側の義務となっていますが、電子領収書であっても発行してさえすれば義務を果たしていることになるので、たとえば購入者側があえて「手書きの領収書を発行してほしい」と要求しても販売者側が応じる義務はありません。

ただし、Yahoo!ショッピングでは領収書の発行を希望しないと発行用URLを記載したメールを送らないストアも多いので、必要な場合は注文時の備考欄に「領収書の発行をお願いします」と一文添えると確実かと思います。

なお、先にも説明したとおり、印刷ができない場合(プリンターが無い場合)や会社の会計の都合上どうしても手書きの領収書が欲しい場合は、商品購入前に問い合わせて確認すると良いでしょう。例外として発行してくれる場合もあるかと思います。

以下はあるストアで購入した例です。

(1)商品発送後に領収書発行URL付きの発送メールが送られてくる。
領収書発行URL付きの発送メール

(2)メールに記載された領収書発行用URLをクリックする。
領収書発行URLをクリック

(3)ブラウザ上で領収書が発行されるので「印刷する」ボタンから印刷が可能。
ブラウザ上で領収書が発行されるので印刷可能です

この例ではHTML形式で領収書が発行されていますが、PDF形式で発行される場合も多いですね。

納品書 兼 領収書で同梱されているパターン

納品書が領収書を兼ねているパターンもYahoo!ショッピングではよく見かけます。

商品と一緒に同封されている一枚の納品書に領収書もくっついているパターンですね。たいていは切り取り線があって、自分で宛名と但し書きを記載して、領収書の部分だけ切り取れるようになっています。

●納品書 兼 領収書の例(Yahoo!ショッピング くら助)
https://store.shopping.yahoo.co.jp/kurasuke/a1d6c7bcc9.html

注文の際に備考欄で「領収書希望」を伝える

以上で紹介したYahoo!ショッピングでの領収書の発行パターンは他にもありますが、いずれの場合でも、注文する際には備考欄に領収書の発行をしてほしい旨を伝える必要があります。

Yahoo!ショッピングで注文する際の備考欄に領収書希望を伝える
↑あるストアの備考欄。この「ストアへのご要望」に「領収書を発行して下さい」と記入する。

Yahoo!ショッピングでは大抵のストアにおいて、注文確認画面で備考欄が用意されていますので、そちらに記入すれば大丈夫です。もし備考欄が見当たらない場合は、購入後に電話、メール、問い合わせフォームのいずれかで領収書を発行してほしいと伝えましょう。

クレジットカードで支払った場合の領収書発行

クレジットカードで支払った場合、本来は各クレジットカード会社の発行する利用明細書が領収書として使うことになります。(会計法規上有効です)

なぜなら、販売するストアと購入者は直接金銭のやり取りをしているわけではなく、購入者はクレジットカード会社に対して支払っているため、カード会社から領収書をもらうのが正しいのです。

ただし、実際には便宜上Yahoo!ショッピングの各ストアから領収書を発行する場合がほとんどです。購入者も購入したストアから発行してもらうものという感覚が一般的のようです。

※私もYahoo!ショッピングで会社の備品などを会社の(法人の)クレジットカードで購入していますが、いちいち領収書の発行をストアに求めたりはしていません。毎回面倒ですし、先に説明したとおり、カード会社の利用明細書で領収書として用が足りるからです。

代引き、銀行振込での領収書発行

代金引換(代引き)で購入した場合、各配送業者の「代金引換証」(支払い時の控え)が正式な領収書となります。そのため、Yahoo!ショッピングのストアから別に領収書を発行すると二重発行となりますので本来はストアから発行することはできません。

また銀行振込で購入した場合、各銀行からの「振込控え」が領収書の代わりとして使用できます。

いずれも、各収納業者からの控えが正式な領収書として使えるのですが、こちらもカードの場合と同様、便宜上、ストアから領収書を発行することが多いのが実情です。

一部ポイント支払い、ポイント全額払いの領収書は?

Yahoo!ショッピングのTポイントを使用して購入した場合、領収書の発行と金額はどうなるのでしょうか?

もちろんこの場合も領収書は発行してもらえます。ただし多くの場合、一部ポイント支払いもポイント全額払いも、領収書の備考として記載されます。(上の例にも領収書発行のサンプル画像がありますが、「ポイント全額払い」という記載があるのが分かります。)

ですので、ポイントを使用した注文で、「ポイントを使用した事実を記載しないでほしい」(満額で領収書を発行する)といった要望は通らないと思います。

領収書の再発行は可能?

こちらもYahoo!ショッピングの各ストアによって対応が分かれそうな点ですが、領収書を紛失した等で再度発行してほしいという場合もあるかと思います。

この場合、備考に「紛失のため再発行」という記載をして領収書を再発行することは可能な場合が多いようです。逆に何の特記事項もなく、はじめに発行した内容と同じ領収書を再発行することは難しいでしょう。

以上、Yahoo!ショッピングの領収書発行についての解説でした。ご参考まで!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告