【ストア運営】Yahoo!ショッピングの決済処理やステータスの仕組みを理解する

※こちらはYahoo!ショッピングの【ストア運営側】の記事内容になります

月1回入金サイクルの、いわゆる【基本パターン】のストアがもっとも多いと思われますが、ウチもその一人でして、Yahoo!ショッピングの決済処理や注文ステータスの仕組みを一度おさらいしようと思い、記事にしてみようと思います。

自分のための備忘録でもあるので少々大雑把になりますがご勘弁ください(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

注文ステータス確定の流れ

注文があった当月に「完了」にした場合

当月末(23時59分59秒)までにステータスを「完了」にした注文は、翌月の月初(00時00分00秒)に「確定」される。

例:1月5日に新規注文があり1月30日に「完了」にした注文 → 2月1日に「確定」

注文があった翌月に「完了」にした場合

翌月末までにステータスを「完了」にした注文は、翌々月の月初に「確定」される。

例:1月5日に新規注文があり2月1日に「完了」にした注文 → 3月1日に「確定」

「保留」にしていた注文が翌月に「完了」にした場合

当月にステータスを「保留」にしていた注文を翌月に「完了」にすると、「完了」にした月が対象となるため、翌々月の月初に「確定」される。

例:1月5日に新規注文がありその後「保留」にし、2月1日に「完了」にした注文 → 3月1日に「確定」

一度「完了」になった注文が当月中にキャンセルになった場合

一度「完了」にした注文を、注文当月末までにキャンセルにした注文は請求の対象外となる。

例:1月5日に新規注文があり1月15日に「完了」にしたが、1月30にキャンセルにした → 請求対象外(2月1日に確定されない)

一度「完了」になった注文が翌月にキャンセルになった場合

一度「完了」にした注文を、注文翌月以降にキャンセルにした注文は、そのキャンセルをした翌月にキャンセル分を反映させる。(注文月の請求は翌月月初に確定してしまっているため)

例:1月5日に新規注文があり1月30日に「完了」にしたが、2月5日にキャンセルにした → 1月の請求分として2月1日に「確定」しているため、3月1日に相殺計算(キャンセル反映)される。

ステータスが自動で「完了」に変わる仕組み

こちらも忘れやすい項目なので記しておきます。

上旬、中旬に受注した注文の場合

注文から45日後に自動的に「完了」に変更される。(処理中に変更するタイミングは関係しない)

例:1月5日に新規注文 → 2月19日に自動的に「完了」に変わる

下旬に受注した注文の場合

注文から45日後が1日~10日にあたる場合、その月の11日に自動的に「完了」に変更される。

例:1月20日に新規注文 → 45日後は3月6日なので(その月の1日~10日にあたるので)3月11日に自動的に「完了」に変わる

注文を保留または完了にした後、処理中に戻した場合

「処理中」以外の「保留」や「完了」にした後に、「処理中」に戻した場合、「処理中」に変更した日から45日後に自動的に「完了」に変更される。

例:1月5日に新規注文、1月25日に「保留」や「完了」に変更し、2月10日に「処理中」に戻した → 2月10日から45日後の3月27日に自動的に「完了」に変わる

その他、覚えておくべきポイント

保留ステータスは注文日から300日が限度

「保留」ステータスは注文日から300日経つと自動的に「処理中」に変わる。処理中になれば、放っておくと上記のとおり自動で「完了」に変わるので注意。なお、保留が自動で処理中に変わるまで残り10日を切ると、一覧表示される。

※逆に言えば、300日経過するまでは処理中と保留を何度でも行き来できる。

完了にした注文は完了日から180日までキャンセルできる

一度「完了」ステータスにした注文は、注文完了日より180日(およそ半年間)までキャンセルステータスに変更が可能。この日数を越えた場合はキャンセルできないので(完了のまま動かせない)、お客様に返金の必要が発生する場合は、直接振り込みなどで返金するしかない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告