Yahoo!ショッピングの支払いでPayPayとYahoo! JAPANカードはどっちがお得?

【お知らせ】本記事は、Yahoo!ショッピングのキャンペーン内容に変更があったため、記事初投稿時よりも内容を大きく修正しております。現在では併用払いより、いずれかの支払い方法で全額払いがお得です。

Yahoo!ショッピングでは2019年6月よりPayPay残高払いがスタートしましたが、よりお得なポイント還元比較として、PayPayで支払うのとYahoo! JAPANカード決済ではどっちがお得なのか?という問題に直面しているユーザーが多いようです。

PayPayとヤフーカード払いはどっちがお得?
PayPayで払うのと、ヤフーカードで払うのはどっちがお得なのでしょうか・・・?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

PayPay残高払いとYahoo! JAPANカード決済を比較

それでは、PayPay残高払いとYahoo! JAPANカード決済をそれぞれどのようにポイント付与されるのかを比較してみたいと思います。

PayPay残高払いは最大3%還元

まず、PayPay残高で支払った場合を考えてみます。Yahoo!ショッピングやPayPayモールでPayPayを使うメリットは「PayPayボーナスが1%貯まる」という点です。これに加えて、2020年7月よりキャンペーン付与の内容に変更があり、ソフトバンク、ワイモバイルユーザー限定で、Yahoo!ショッピングでPayPay残高払いをすると+2%還元、PayPayモールでPayPay残高払いをすると+4%還元となりました。

PayPayを利用するとPayPay残高1%が戻ってくる
Yahoo!ショッピングでPayPayを利用するとPayPay残高1%が戻ってくる

しかし、一方で以前はPayPay残高にYahoo! JAPANカードでチャージするとクレジットポイントとして1%(Tポイント)の還元がありましたが、こちらは2020年2月に廃止されています。

つまり、チャージは通常のクレジットカードを使ってもYahoo! JAPANカード使っても還元率は変わりません。(お手持ちのカードブランドでチャージ還元があるのならそちらを使った方がお得と言えます。)

以上をまとめるとPayPay残高払いで決済した場合の還元率は以下のようになります。(1%分のストアポイントを含む)

ユーザー属性 Yahoo!ショッピング PayPayモール
ソフトバンク、ワイモバイルユーザー 4% 6%
上記以外のユーザー 2% 2%

たとえば、ソフトバンクスマホユーザーがPayPayモールでPayPay残高払いで10000円の決済をすれば以下の還元(※)となります。

  • ストアポイント(1%) …100ポイント(Tポイント)
  • PayPay利用特典(1%) …100円相当のPayPayボーナス
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーPayPay残高利用特典(4%) …400円相当のPayPayボーナスライト
※もちろん、ソフトバンクスマホユーザーならこれに加えて、プレミアム会員特典や日曜日なら+10%還元の特典もつきますが、本記事ではYahoo! JAPANカードとの比較のために付随するキャンペーンは省略しています。

Yahoo! JAPANカード決済はいつでも3%還元

次に、Yahoo! JAPANカードで支払いをした場合ですが、こちらは「Yahoo!ショッピング・LOHACOのご利用で毎日3%たまる」という謳い文句にもあるようにYahoo!ショッピングなら3%還元を受けることができます。10000円の支払いをした場合、内訳は以下のとおりです。

Yahoo! JAPANカードならYahoo!ショッピングでいつでも3%相当戻ってくる
引用元:「ヤフーカードはポイントがどんどんたまる」https://card.yahoo.co.jp/service/tpoint/use.html

  • ストアポイント(1%) …100ポイント(Tポイント)
  • Yahoo!ショッピング利用特典(1%) …100円相当のPayPayボーナスライト
  • クレジットポイント(1%) …100ポイント(Tポイント)

また、PayPayモールでは「Yahoo!ショッピング利用特典」の対象外ですので、クレジットポイントの分だけお得な2%の還元となります。

以上をまとめるとYahoo! JAPANカードで決済した場合の還元率は以下のようになります。(1%分のストアポイントを含む)

ユーザー属性 Yahoo!ショッピング PayPayモール
ソフトバンク、ワイモバイルユーザー 3% 2%
上記以外のユーザー 3% 2%

Yahoo! JAPANカードとPayPayの併用はおすすめしない

では、両者を併用した場合のポイント還元率はどうなるのでしょうか?

以前は、Yahoo! JAPANカード利用でもらえる特典のうち、「Yahoo!ショッピング・LOHACO利用特典」の付与対象は「商品単価(税込)」に対して100円につき1%付与されるというルールでしたが、2020年7月のルール改定により、「クレジット利用分」に対してのみ付与されるようになりました。

つまり、併用払いにした方が全額一括払いよりお得ということは無く、PayPay残高払いの還元率が有利なユーザーに該当する場合で(どうしても)併用払いにしたい場合は、なるべくPayPay残高を多く利用したほうが良い、という結論になります。以下がその例です。

■ソフトバンクスマホユーザーがPayPayモールで商品単価10000円(税込)の商品をYahoo! JAPANカードで5000円支払い、PayPay残高払いで5000円支払う場合

  • ストアポイント(1%) …100ポイント(Tポイント)
  • Yahoo!ショッピング利用特典(1%) …50円相当のPayPayボーナスライト
  • クレジットポイント(1%) …50ポイント(Tポイント)
  • PayPay利用特典(1%) …50円相当のPayPayボーナス
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーPayPay残高利用特典(4%) …200円相当のPayPayボーナスライト

これらをまとめると450円相当のポイント付与される計算となりますが、4.5%の還元率ですので、先ほどの表で説明のとおり、(ソフトバンクユーザーでPayPayモール利用なら)PayPay残高払いで「全額」払った方が6%還元となりお得です。

ちょっと頭が混乱しそうになりますが、ご自身に有利などちらかの支払い方法で「全額」払った方が併用払いよりお得です。どちらか有利なのかはまとめると以下になります。

まとめ

以上をまとめると以下の表のとおりです。

ユーザー属性 Yahoo!ショッピング PayPayモール
ソフトバンク、ワイモバイルユーザー PayPay残高払い
(4%)
PayPay残高払い
(6%)
上記以外のユーザー Yahoo! JAPANカード
(3%)
変わらず
(2%)

多くの場合でPayPay残高払いなら一番お得ですが、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーでない場合、Yahoo!ショッピングを利用するならYahoo! JAPANカードがお得という結論です。

もしくは、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら絶対PayPay残高払いですが、それ以外のユーザーはYahoo! JAPANカードを使い続ければOKと言い換えることもできそうです。(PayPayで支払うには認証でワンクッション面倒な点もあるので、個人的にはYahoo! JAPANカードで決済がいちばん楽に感じています。)

「ヤフーカードとPayPayとどっちがお得か?」というテーマではじまりましたが、もともと併用払いするとお得になったのは過去の話。現在ではYahoo!もキャッシュレス決済のユーザー獲得競争でPayPayには特に力を入れている結果が表れていると言えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. 名無し より:

    すごく勉強になりました!
    今回の例は1万円のものを購入した場合ですが、
    たとえ5万円のものでも、250円のものでも、
    カード支払額は100円にして、残りはヤフーカードよりペイペイ残高にチャージして支払うのがお得ということですよね?
    カード支払額が100円というところがお得にするポイントなんですよね?

  2. 通りすがり より:

    この理屈でいけば、Yahoo!JAPANカードは100円じゃなくて、1円の方がPayPayに回せる額が大きくなるので良いように思いますが、どうでしょうか?
    それともYahoo!JAPANカードのポイントは100円からしか対応していないとかあるのでしょうか?

    • wpmaster wpmaster より:

      ヤフーカードは1円でも併用可能だと思いますが、ヤフーカードの「クレジットポイント」および「Yahoo!ショッピング利用特典」が100円につき1%というルールなので100円利用にしています。これを1円にすると、ヤフーカード分の2倍分の特典がつかず、一方でPayPay残高払いの方は99円分増えるだけなので、付与額が変わらない分不利になるのではないでしょうか?いずれもパーセンテージをかけた後に「小数点切り捨て」というルールのせいですね。