通販会社がヤマト運輸の運賃契約を打ち切られるというニュース

最近、ヤマト運輸のニュースをネット上で見ない日が無いほど世間を騒がしていますね。

今朝のニュースによれば、「一部の通販会社が、ヤマトから運賃契約を一方的に打ち切られて困っている」というものでした。記事の内容によれば、交渉の余地が無いとのことで、それが本当なら相当大変な状況だと思います。

自分のところは佐川と日本郵便の併用なのですが、先日、佐川の営業所長から値上げの打診がありました。「やっぱり来たか!」と思いましたが、直接会って話を聞くと、所長の言い分では「今回のヤマトさんの騒動と、私たちの値上げに関係はありません。値上げのお願いは3年ほど前から行っているものです。」とのこと。

「本当かな?」(便乗じゃない?)と思ったけど、長年、佐川さんにはかなり安い運賃契約で配達をお願いしていたので、仕方ないかなと潔く受け入れました。

さらに所長の話では、

「ヤマトさんがこれからどんどん既存客に交渉に入ると思いますが、その中で交渉破断の会社も結構出てくると思いますよ。」

「破断した会社は、ウチ(佐川)とか日本郵政さんとの交渉になると思いますが、日本の大手3社はどこも手一杯なので、ヤマトさん以外に移るのもそう簡単じゃないと思います。」

「というか、他の2社もこれ以上、人員を割けない状況にあるので、破断した会社の中には本当に困って八方ふさがりなところも出てくると思いますよ。」

ということでした。

まあこの話は所長からの値上げの打診を受け入れた後だったので、脅しに使ったのでは無いと思いますが(笑)・・・この状況が本当なら、いずれは佐川、日本郵便ともに値上げの方向は間違いと思って心構えをしておく必要がありそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告