ある売れ筋商品が気付いたら20ページ圏外・・・楽天SEOに再び取り組む

楽天市場で毎日のように売れる商品があります。乱暴に言えば「放っておいても売れる」そんな感じ。

しかし最近動きが鈍くなって来ているのに気付きました。2日に1個・・・3日に1個・・・「あれ?なんかおかしいな?」

で、ターゲットにしているメインキーワードで検索してみたところ、

ページをめくれどめくれど商品が出てこない・・・

こりゃあ売れないはずだわ。。。

ここ1、2年の楽天SEOと言えば、「売れてナンボ」の仕組みだったので売れていれば問題ないかと勝手に思い込んでいましたが、こんなにヒットしていなかったとは。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

検索ガイドラインにじっくり目を通す

ということで、このまま放置する訳にはいきませんので、ふたたび楽天SEOに本腰(?)を入れようと思います。

本腰入れると言ったけど、まあまあ売れてるのに20ページ検索してもヒットしないなんて、単なる自動・手動ペナルティな気もしますが。

2017年は楽天SEO周辺は静かだったと思いますが、楽天からのお知らせでは取り締まりを強化していくなんてことも書いてあったので、網に引っかからないようにしなくてはいけませんね。

参考:[重要]商品名登録・不適切な検索対策行為に関するガイドラインの新設

これは2017年9月21日に新設されたガイドラインで、楽天SEOにも大きく関わることです。ガイドラインはとても長ったらしいので、ここでは触れません。楽天の店舗運営Naviで探せば出てきます。中にはグレーだなと思うようなことも書いてあるので、潔白にしようとすると商品名や商品説明など相当な編集が必要になってきます、ウチでは(笑)

2015年に大きく動いた楽天サーチのアルゴリズムですが、あの時からはほとんどやり方(キーワードの入れ方)を変えずにやってきましたので、このタイミングで見直すのも良い機会かと思います。

また何か分かったら書いていきたいと思います。

いろいろと対策を講じてみる

(以下追記1)

「20ページ目にも出て来ないのなら、いったい何ページ目に出てくるのだろう?」

と思い、その後のページをずーっと調べてみたら、55ページ目に出てきました。順位にするとざっと2500位くらい。というかもう圏外も同然ですね(笑)

そこで取った対策を記録しておこうと思います。

(対策1)商品名からメインキーワード(検索語)を1つに絞る。3つも重複して記載されていたので、まず1つに絞りました。→65ページ目にダウン

(対策2)商品名から装飾キーワード(サブキーワード)を全て外してみました。(※この時点で商品名は非常に短く「メインキーワード(1語)+正式名称」だけになっています。)→前回から変化なし

(対策3)ディレクトリIDがあるジャンルの「その他」に変更されていたので(おそらく改変が原因)、適切なディレクトリに設定しました。→前回から変化なし

(対策4)PC、モバイル両方のキャッチコピーをすべて削除しました。→前回から変化なし

(対策5)タグIDをすべて削除しました。→前回から変化なし

(対策6)商品説明文に記載していた、商品に関係のあるキーワードの羅列をすべて削除しました。→前回から変化なし

楽天サーチは商品名の変更を読み取るのに通常30~1時間程度ですので、対策を講じる度に、その程度の間隔を空け、一旦品番だけで検索し、商品名やキャッチコピー等々が変更されたのを確認してから順位をチェックしています。

ちなみにこの商品はざっくり説明するとジャンルでは度々ランキング1位~3位を取り、前月実績では月に数十個販売、レビュー数は数百、評価は4.5以上、直近に悪い評価なし、とまあこんな感じです。

(1/15 追記)

楽天の担当ECCに数日前にこの件についての質問をメールして回答をもらいました。いわく「検索ペナルティのような事実は無さそう」というシンプルなものでした。(そうだろうなと薄々思っていましたが)

予想どおり、「2017年後半の検索ガイドラインに沿っていただければ―」というアドバイスをいただきましたが、特に大きなヒントになるような収穫はありませんでした。ただ、ペナルティじゃないという回答を得られたのは不安の解消にはなったので良かったです。

この日、ふたたび同キーワードで楽天サーチ結果を調査したところ、32ページ目まで回復していました。といってもまだまだ1440位ですが・・・ww

少し気になったのは過去2ヶ月ほどの販売実績を調べると、スマホではガンガン売れているのですが、パソコンではあまり芳しくない。8対2くらいの違いがあります。じゃあスマホの検索結果では上がっているのかと思いますが、1ページ目も2ページ目も他店の商品が(ほぼ)同じ順位で上がっているところを見ると、スマホだけ順位が良いとはとても思えません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告